不安を煽るということ

子供たちが「スーパー戦隊」を懐かしそうに見ています。

日曜日の朝によくやっている特撮モノですね。

で、5vs1で戦っていました。

スーパー戦隊が5で、敵らしきものが1です。

敵は地球を侵略しにきているので、

手段を問わず勝たないといけませんが、

一応、正義のみかたですよね?

若干???となった朝でした。

話はかわりますが、

アメブロ記事の書き方とかいうのを見つけたので、

読んでいました。

「不安を煽るとアセクス伸びます!!」

って書いてました。

あかんやろ。

アホちゃうか。

「このままだとダメです。」

「○○しないとダメです。」

「△△してる人ダメです。」

個人的には、

あの「それってあなたの感想ですよね」でおわりです。

○○しない人や、△△してる人が、

誰ひとり合格してないというデータがあるのなら、

まあ百歩譲ってわからなくもありません。

それでも、この先どうなるかは誰もわからないのです。

可能性はこうして摘まれていくのでしょうね。

「わたし、メンタル強いので大丈夫です。気になりません。」

そんな方もいらっしゃるでしょう。

でも、「あなたがしている○○よくないよね?」って

言われたら、ちょっと気になったりしません?

あー、僕ですか?

気になるような気にならないような。

気になるかどうかより、

聞いてないっていうのが正しいのかもしれません。

そのいわゆる「よくない」点に対する具体的な解決策の提示がなければ無視します。

さらに言うと、欠点指摘と改善策がセットでなければ、論外と思ってます。

それを最初から提示しない時点で、その人の話、あんまりというか聞いてません。

情報を取り入れるのは簡単ですが、

情報の取捨選択は困難です。

さらに、情報を取捨選択した後に、

それを使いこなせすなんていうのはもっと困難です。

もし何かを指摘されて不安を感じたら、その指摘した人に聞いてみるといいと思いますよ。

きっと的確な回答が・・・・あるはずです笑

関連記事

  1. 少年たちの約束~灘と筑駒と~

  2. それぞれの立場における覚悟

  3. 学習塾の経営って何するの?

  4. 飛び級の功罪と教材の持込み

  5. 宿題内容と出来から考える学力と適性(1)

  6. 住所・電話ともに非公開

最近の記事