算数のギャンブル性

「アメブロの研究してないで、問題研究しろよ」と言われそうな気がしてならない今日この頃。

思いついたときに書いておかないと、すぐ忘れるので書いておくことに。

「つづく」って書いてある記事、どこに続くかもうわかりません。一度に書いてしまえばいいのですが、気分がのらなくなったら、やめます。

ちなみに、

ブログはLINEしながら、3分から5分ぐらいでかいてます。

では、本題。

関西では受験勉強の多くの時間を割くことになる算数。

大手塾の上層は、算数得意な子たちが網羅。

僕が受験生のころからあまり変わらないこの状況。

まあ、算数強いと有利です。

↓のデータですね。よく話題にのぼってるので、省略。

算数って、当たり前ですが、原則的に答えが合わないと点数もらえません。

「部分点がー」の話はとりあえずいいです。

最後に÷2抜かしたら、それだけでその問題を捨てた子と同じ0点。

がんばってがんばって、結果でなかったら何もやってないのと同じ。仕事だったら泣きますね。

結果でなかったら0円。

学習塾でそれをすると、なかなかシビアです。

実際、「返金保証制度」付き学習塾ってありますね。

これを成立さえる経営手法としては3つぐらいあるのですが・・・

脱線するのでまた今度。

で、算数ね。

最後までキッチリ合わせないとダメですよね。途中で✕2がぬけて、最後に÷2がぬけて偶然合うことなんてありません。結局のところ、子どもたちがキッチリやってるんですよ。精密機械の如く。

我が家の子どもたちも、算数は得意な方だったのですが、

パターンA

2回やる

パターンB

1回しかやらないけど、途中で確認作業を随時実行

の2パターンでした。

パターンA

2回やるというのは、違う解き方があれば、それぞれでやって同じ答えがでるのを確認する。なければ、もう1回解き直しでと。違う解き方については、算数と数学の両方使ったとかも含まれます。

解きはじめるまでが早く、解くのも爆速です。

でないと、2回できません。

パターンB

1回しかやらない方は、解きはじめにワンクッションはいります。どの手法がいいというか好みか吟味してたんでしょうね。

ブラインドルービックキューブから始まり、エアールービックキューブとかいう謎なことをする子なので、まあできたのかもしれません。

パターンAとパターンB、どっちがいいの?って言われますが、どっちでもいいです。

結局のところ、算数が安定している子って、キッチリしてるよねって話です。

で、これ。

なんとかなりませんかね。

そんな単純な話ではないと思いますし、

自分の中でもいまいちしっくりきてません・・・

「また今度」多すぎますね。ごめんなさい。

関連記事

  1. 思考力の重要性?

  2. 保護者として、そして経営者としてのいい講師の選び方(2)

  3. 「上品に」という言葉に隠れされたもの

  4. 新しいHP

  5. 過去問について(2)

  6. 取捨選択

最近の記事